PAGE TOP ▲

眠気に勝つ方法

stockvault-leopard-napping138383 (1)こんにちは!!

タケダスタディスペースの事務の十川です。

今日は、勉強中の眠気について勝つ方法を話そうかなと思っています。

 

武田塾に自習をしに来てくれている人の中には

5時間、6時間と勉強している子もいます。

 

そんな中で、途中で疲れ果てて、机に顔をうずめている人もいますねー

勉強中にすごく眠くなるのは、経験があるのでわかります (笑)

部活とかもやっていれば、さらにその眠気は大変なことになりますよね!

 

では、どうやって眠気に打ち勝っていきましょうか?

 

その1 指のツボを押して眠気を追い払う

指の横に中衝(ちゅうしょう)というツボがあります。

指の中指の爪の付け根の横らへんにあるツボです。

中指を反対の親指と人差し指で挟んでぐりぐりしましょう。

ちょっといた気持ちいくらいがちょうどです。

 

その2 勉強する教科を変える

指を3分くらいぐりぐりしても眠気が取れなかったひとは、次の手を試してみましょう!

今眠くなっているのは、ずっと同じ勉強に飽きてきたからかもしれません。

ずっと数学やってたら眠くなったり、逆に数学やってると眠気が覚める人もいたりします。

自分の一番眠くならない教科を見つけて、同じ教科に飽きてきた時は教科を変えながら勉強してみましょう

 

その3 歩け!外に出ろ!

基本的に人は、ずっど動かずに暖かい場所にいるとだんだんと眠くなってきます。

外に出て足を動かしながら冷たい空気を吸って来れば、意外と目が覚めますよー

 

その4 最終手段 仮眠

眠くなっているということは、頭が付かれているサインです。

もうこんな時は思い切って寝ちゃいましょう。

正直何を考えているのかわからないようなねむねむの頭で勉強するのであれば、

コンディションがよい時に集中して勉強した時の方が数倍勉強がはかどります。

寝るということは、勉強をさぼっているのではなくて、次の勉強の効率を上げることにもつながります。

 

まあ、がっつり寝るわけにもいきませんから少しの仮眠にしておきましょう。

15分くらい仮眠をとれば、結構疲れが取れますよ!

サブコンテンツ