PAGE TOP ▲

香川大学に合格できなかったとしても

どうも、こんにちは

Takeda Study Spaceの十川です。

 

そろそろ大学受験の発表も終わって

志望大学に合格できた人も

志望大学に合格ができなかった人も

あたらしい生活の準備を始めているころだと思います。

 

以前私は、香川大学を受験して現役時に合格できなくて

1年間浪人をした後に無事香川大学に合格することができました。

 

もし、今年香川大学の経済学部に落ちてしまって

来年も香川大学経済学部にチャレンジするつもりの人には役立てる情報を書いていこうと思います。

 

まず、香川大学経済学部の前期の配点はこうなっています。(年によって変わる可能性があるので要確認)

 

センター試験1000点

地歴公民200点(100)

理科100点(200)

国語200点(※300)

数学200点(※300)

英語200点(※300)

※国語、英語、数学のうち最も高い点数の教科を1,5倍して計算

 

個別学力試験200点

英語(記述式問題)200点

 

合計1200点

となっています。

 

この配点の中で、香川大学にあまり成績は良くないのに入れる人と

割とまんべんなく勉強しているのに落ちてしまう人の特徴が分かります

 

それは、英語の点数が取れるかどうかです。

1200点のうち英語の配点を見てみると

センター200点

個別学力試験200点の合計400点もあります。

 

さらに、国、数、英で英語を一番の点数が取れる教科にすると

センターの点数は1,5倍で計算されるので

英語の点数は

センター300点

個別学力試験200点

合計500点になります。

 

5教科7科目あるうちの

1教科の英語だけの配点で1200点中500点です。

 

英語の点数だけをセンタ-、個別学力試験平均で8割取れるくらいまでは勉強すると

経済学部ですと合格者の最低得点が730点とかですので

残りの700点の内330点をとれば合格できます。

 

つまり、英語の点数がきちんととれていれば

他の教科の点数は半分も取れていなくても合格できるチャンスが大きいということです。

国語センター90点

数学ⅠA 60点

数学ⅡB 45点

とかでも合格ができるチャンスが大きいということです!

 

ですので、香川大学経済学部を目指すのであれば

毎日

英語単語30個暗記

生物ノート1ページ

世界史1問1答3ページ

古文1問

数学問題3問

 

とか教科ごとに勉強をするより

英語単語100問

英語文法問題50問

英語長文3問

というように英語に集中して勉強した方が数倍くらい早いペースで成果が上げられると思います。

 

もちろん、他の大学の受験科目のこともありますので

そんなに他の教科を捨てることができないや!!という人も

英語は絶対に高めの点数をとるつもりで勉強をしていけばぐっと合格は近づきます。

 

もし、香川大学の経済学部を浪人してでも目指す人がいれば是非英語を頑張ってください!

 

サブコンテンツ