PAGE TOP ▲

うどんで感じる季節の変化

こんにちは!タケダスタディースペースのサトウです。

 

最近は冷やかけうどんのおいしい季節になりましたね。

 

僕は6年前に広島から香川に引っ越してきて、今では香川大学の6年生です。

 

男子大学生の1人暮らしで最も困るのは、なんといっても日々の食事

 

香川県の安くておいしいうどんは学生の強い味方で、何度お世話になったことか分かりません。

 

今では県民に負けず劣らず(自称)のうどん通です。

 

 

香川は自然が豊富で、春は栗林公園の桜、夏は塩江の蛍、秋は寒霞渓の紅葉、

 

冬は志度の牡蠣といった四季を感じるスポットやグルメが盛りだくさんですが

 

うどんでも季節の変化を感じることがあります。

 

うどん屋でしっぽくうどんが始まった時や、冷やかけが食べたくなる時期ですね。

 

皆さんはどうでしょうか(笑)

 

夏の暑い時期、冷たくて食べやすい冷やかけうどんや冷やぶっかけは

 

夏バテ防止にも効果があると思っています。

 

夏バテは集中力、体力が低下し受験生にとっても大敵です。

 

ぜひ冷たいうどんで熱い夏を乗り切ってください。

 

最後は無理やり受験と関連付けた気がしますが今日はこの辺で・・・・・。

 

サブコンテンツ