PAGE TOP ▲

現役時代に数学を勉強して…

こんにちは!受付のヤマサキです!「数学者 フリー」の画像検索結果

皆さん、今日も勉強お疲れさまです><

今回は僕の数学の勉強法について軽く書かせてもらいます。いきなりですが、数学は難しい、頭を使う科目で苦手だと考える人は少なくないと思います。僕もそうでした…。そこで僕は何故こんなにも数学が難しく感じるのか考えてみました。そこで分かった事は「理解すること」と「復習の仕方」でした。

 

まず「理解すること」ついて

数学はたくさんの公式が出てきます。始めはその公式を見ながら問題を解くと思います。次は公式を暗記して解くと思います。ここまでは例題レベル、演習レベルは太刀打ちできると思います。しかし、応用レベルではそのまま出ません。いくらかひねられています。これが数学の難しい理由の一つではないかと思います。それではどうすればいいのか…?

「公式を理解すること」が一番の解決法ではないかと思います。公式の式がそのまま問題に出るのが例題レベルなのに対し、公式の理解能力を問う問題が応用だと僕は思います。応用は言葉通り、習ったことを使う、学んだこと工夫して使うことなので、公式を理解できればそれを自由自在に操ることが出来ます。応用を鍵穴と思えば公式を鍵だと置き換えると、理解が出来たということは鍵を操れることで鍵穴にあった鍵に変形できるということです。

応用に太刀打ちするには公式を暗記するだけではなく、なぜそうなるのかしっかり理解することを意識してください。

 

次に「復習の仕方」

数学はパターンだと僕は思います。数値が違ったり、式が一つか二つ違っても根本の解き方、考え方は同じだと考えています。数学は「復習の仕方」によって変わってくると思います。

復習とは同じ問題を二回以上解くことなのですが、ただ同じように解くだけでは変わらないと思います。全く同じ問題が出て来たら解けると思いますが、類題はつまずく可能性があります。これは解法を単純暗記して解き方の理解が出来ていないことが原因です。復習は単純暗記に頼らず、なぜ間違えたのか見極め解決して理解するまで行うことだと考えています。最終目標は類題が出てきても解けることです。復習では問題の根本を理解すること意識してください。

 

この二点を意識することで数学の解く力も自信もつくのではないかと思います!ぜひ皆さんも実践みてくださいね♪

サブコンテンツ