PAGE TOP ▲

一冊を完璧に!できていますか?

こんにちは!タケダスタディースペースのサトウです。

 

受験勉強をしていると、

 

参考書はあれこれ手を出さず、一冊をしっかりやりなさい

 

という言葉をよく耳にしますよね。

 

色々な参考書に手を出すと、結局どれも中途半端になってしまい

 

網羅的に知識を身に付けにくくなってしまうのを防ぐため

 

言われているのだと思います。

 

実際に参考書一冊を完璧にすると、満遍なく知識が身につくようになっています。

 

参考書を完璧にするメリットとしては他にも、自分の自信につながるというものもあります。

 

これは僕の受験の時の体験談なのですが、入試本番の会場で緊張している時

 

持参したボロボロの参考書を見て

 

これを完璧にしたんだ」と自分を落ち着かせることができました。

 

タケダスタディースペースはこの「一冊を完璧に」をとても重要視しています。

 

例えば英単語では、毎週決められた範囲の単語をランダムにテストして

 

自分の覚えきれていない単語を確認しています。

 

一度覚えた単語でも定期的にテストをすることで忘れないようメンテナンスもできるんですね。

 

既卒生でタケスタに来てくれている生徒からも

 

「現役生の時はこんなにしっかりと単語おばえられていなかった」との声もあがっています。

 

みなさん、本当に一冊を完璧に!できていますか?

サブコンテンツ