PAGE TOP ▲

睡眠で疲れを癒そう!

こんにちは!タケスタのイワムラです。

突然ですが、受験生のみなさん、しっかりとした睡眠はとれていますか?

 

受験生にとって勉強することと同じくらい大切なのが、「睡眠」だと思います。

 

みなさんは、レム睡眠とノンレム睡眠の存在をご存知ですか?

レム睡眠とは、浅い眠り。

逆にノンレム睡眠は深い睡眠のことをいいます。「熟睡」状態のことですね。

 

私は、中学2年生の時に参加した、保健管理センターの講演会でその存在を知りました。

今日は時間がない受験生のために効率のよい睡眠について少しご紹介しようと思います。

 

目覚めやすい時間とは

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは平均90分と言われています。

つまり私たち(成人)にとって一番良い睡眠時間は90分の倍数ということになりますね!

入眠からおよそ

4時間30分後(270分 90分×3)

 6時間後   (360分 90分×4)

7時間30分後(450分 90分×5)

       ↑この時間が心地よく目覚めやすい!!(一般的に)

 

 

体にとっての”ちょうどいい睡眠時間”は

受験勉強や日々の宿題に追われて、

「平均睡眠時間が6時間をきっている…!」 という人も少なくないのではないでしょうか。

ある調査によると、全人口の約8割が、7~9時間の睡眠時間がちょうど良いと感じるようです。

それなのに6時間くらい(もしくはそれ未満)の睡眠が続いているとしたら

体への負担が大きすぎるということが分かりますね(。><。)

成果を出すために勉強し、しっかりと睡眠をとる

これが結果的に持続的で安定感のある勉強につながるのだと思います。

 

快眠のために・・・

ストレッチ、入浴(あったかいお湯につかる)、音楽を聴く、など

体を温めてリラックスするようにしましょう!

個人的には寝る時はなるべく暗く、

真っ暗の中で眠ると、深~い眠りにつきやすくて、おすすめです!

みなさん毎日忙しいと思いますが、良質な睡眠をとって、これからの受験期乗り越えていきましょうね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ