PAGE TOP ▲

もうひとつのノーベル賞

こんにちは。タケダスタディースペースのサイトーです。

今回はもうひとつのノーベル賞と呼ばれる国際的な賞について紹介します。

「あれね、イグノーベル賞のことね」と思うわれるかも知れません。

確かに日本人の受賞者も多く、認知度も高いと思われます。

しかしイグとは否定の意味であり、ノーベル賞のパロディ版といったところです。

今回紹介するのは、ノーベル賞と同じスウェーデンで表彰されている

ライト・ライブリフッド賞になります。

ライト・ライブリフッド賞は、現在社会で問題となっている事項に対して、

解決を求めて活動をしている者を表彰する賞です。

ノーベル賞と違い、生活と直結するため受賞理由を聞いて

その功績が理解できると思います。

ノーベル賞のように物理学賞とか平和賞といったカテゴリーはありません。

環境、人権、持続可能な社会、健康、平和などの分野で活躍した

個人や組織に授与される傾向が強いようです。

ノーベル賞のようにフタを開けてみたら決まってましたではなく、

ノミネートの過程が公開されており透明性を保っています。

 

日本人の受賞者は、

1989年 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

      首都圏にあるいわゆる生協のひとつで、

      持続可能な社会を目指して食品をはじめとする消費材を提供

      授賞理由は以下のリンクから

      http://www.seikatsuclub.coop/about/world.html

1997年 高木仁三郎(核化学者)

      反原発運動の象徴的な人。

      核化学者として原子力の研究をしていたが、社会的な疑問を感じ、

      市民の立場で独立したシンクタンクを立ち上げ、活動

      授賞スピーチは以下のリンクから

      http://www.cnic.jp/takagi/words/rla-speech-j.html

 

あまり知られていない賞のように思われますが、

もっと評価されるべきだと考えます。

こんな学問の分野にとらわれない社会活動への表彰もあるんだ、

と認識していただけたら幸いです。

サブコンテンツ