PAGE TOP ▲

推薦入試対策!

こんにちは!タケスタのイワムラです。

 

8月も下旬となりましたね。

皆さんこの夏を楽しめましたか?

 

先日、私の通う大学でオープンキャンパスが行われ、

私たちの研究室では高校生向けの研究発表を行いました。

 

研究発表会後、学生による高校生のための相談会あったので、待っていると

愛媛出身(→私と同じ(^^♪)の受験生が相談にきました。

 

「推薦を受けたいんですけど、どんな勉強をしましたか?」

待ってました、この質問…。(‘ω’)ノ

実は私も推薦入学生なので、「二次対策は▽…〇♪×♪▽△▼■…した方がいいよ!」と

語れる自信がなくて、、

でも推薦入試の対策についてなら語れる…!

以上の理由があって、「待って」ました(笑)

 

今日は推薦入試の対策について少しお話したいと思います。

 

オープンキャンパスにはかならず参加しよう!

多くの推薦入試では「面接試験」があります。

苦手な人も多いですよね、面接。私もとっても苦手でしたし、今も得意ではありません。。

「なぜ、うちの大学がいいの?」

面接官が一番気になるところのはずです。県外の大学を受験しているならなおさら、

なぜ他の大学ではなくて、この大学がいいのか。

あなたは、はっきりした理由を持っていますか?

 

私は高校3年生の時に、先生の勧めでオープンキャンパスに参加して、

中では興味のあった教育学部心理学研究室の講義をで選びました。

心理学研究室を選んだ理由は、なーーんとなく。

教育学部を見に行くっ!とだけは決めていたのですが、

下調べが足りてなさ過ぎて自分が興味のある研究室というものを見つけられていませんでした

 

しかしそのたまたま選んだ講義が私にとってとても興味深くて、

(このM教授の講義をまた受けたい…!)

そう感じたのが、受験に踏み出すきっかけになりました。

 

オープンキャンパスに参加=この大学に興味がありますという「証拠」に

面接ではオープンキャンパスに参加したことなどをじゃんじゃんアピールしてください!

面接官の多くは大学教授です。オープンキャンパスで高校生に向けて授業をしている先生たちです!

なので興味をもってもらっていることを知って不快に思う人はいません!!

自分はその講義のどの部分に興味があって、その講義を受けてどう思ったのか。

オープンキャンパスで考えたことを伝えるといいと思います。

 

最後に…

「この子とぜひ一緒に研究がしたい…!」

そう面接官(=大学教授)に思ってもらえたらもうこっちのもの!

そのためにも今のうちにしっかり志望校について調べて

情報を得ていきましょうね!

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ