PAGE TOP ▲

「あ~疲れた」長時間の勉強疲れから身体をラクにする方法

こんにちは!タケスタのイワムラです。

夏休み、みなさん夏課題や自主勉強は順調に進んでいますでしょうか?

私は昨日までのレポートがあって、それをようやく昨日出し終えたので、

今日から晴れて自由の身です(^▽^)/ 本当の夏休み到来~(‘◇’)ゞ

 

A4用紙3枚分のレポートだったので、文章考えている時はとても肩がこりました。。

受験生の皆さんもずっと机に向かっていると、やってくるのはいつも睡魔か肩こり、という人も少なくないのではないでしょうか。私は少なくともそうでした(笑)

運動したら肩こりも少しは解消するよ、などアドバイスをもらったことも多々ありましたが、

夏は暑すぎる、冬は寒すぎる、となんやかんや長時間運動なんてなかなかできないですよね。

受験生ならそもそもその時間さえとるのに躊躇してしまうひともいることでしょう。

 

そこで「短時間&室内で疲れがとれる方法ってないかな~」と考えました。

 

ラジオ体操は最強!!

日本人なら誰もが音楽が鳴れば身体がおもわず動いてしまう、「ラジオ体操」。

小学生の夏休みの朝といえば、ラジオ体操から始まるイメージがありますよね!

 

 

ラジオ体操は、どんな人でも無理なく運動できるよう工夫された体操です。

なんといってもラジオ体操を行うと血流が良くなるので

記憶力や集中力のアップ⤴⤴も期待できます!

 

ラジオ体操は第一と第二がありますが、2つ合わせても6~7分程度

時間のない時でも、このくらいだったら気分転換に行うことができるのではないでしょうか。

13もの運動が組み込まれた体操なので、身体にとってもちゃんといい運動になるそうですよ!

 

ぜひ疲れたときには、ラジオ体操を試してみてくださいね!

では、また!

 

サブコンテンツ