PAGE TOP ▲

勝負飯

こんにちは!タケスタのヤノです。

今日のテーマは受験とご飯です。

少し前に、「勝負飯」という言葉をよく耳にしました。棋士が対局中に食べるごはんのことです。受験も多くの場合は昼ご飯をはさんで行われますし、休み時間には糖分補給をしますよね。みなさんには、大切な試験のときに食べる「勝負飯」はありますか?

私は、大切な試験の日の朝は米とみそ汁と決めていました。二次試験当日の朝は某牛丼チェーン店でご飯と豚汁を食べたのを覚えています。また、昼ご飯を食べ過ぎると眠くなるので、昼は少なめにし、休憩時間にパンやおにぎりをちょこちょこ食べるというのがお決まりでした。

休憩時間の甘いものとしては、キャラメルがおすすめだと、私の先生が言っていました。チョコレートは脂分が胃に負担をかけてしまうらしいです。

模試のときから、自分なりのルーティンを実践すると、当日いつもどおりのコンディションで試験に臨むことができます。ただし、多すぎたり、再現の難しいルーティンは逆効果になりかねません。ルーティンがこなせないと不安に陥ってしまう可能性があります。(私の勝負飯が米とみそ汁だったのは、どこにでもあるというのも理由のひとつです。)

これからの模試ラッシュ、こう言った面でも本番を意識して受けてみてくださいね!

サブコンテンツ