PAGE TOP ▲

赤本で泣く運命か、笑う運命か

 

どうも!!漫画「ハイキュー!!」の名言に心打たれまくりのヤマサキです!

今回のテーマは「赤本の活用法について」

 

赤本といえば志望校の情報合格最低点過去問などのように、とても情報が満載で大切な存在ですよね!

 

何となく、皆さんもこの時期は赤本を購入して解き始めているのではないでしょうか??

 

しかし早速、解いてみたものの「全然、点数が取れないじゃん!!」なんて声がよく上がるのも、この時期ではよくあります。志望校諦めようとする人も出るそうです…(実は僕もその一人でした)

 

しかし、解けなくてもまだ諦めないでください!

 

まず解けない原因としては、実力はまだそこまで達していないことがあります。

 

というのは、夏休みは主に基礎的な勉強がメインなので、この時期は応用的な問題が身についてない状況がほとんどです。

 

もちろん、この状態では赤本の過去問で合格点を取ることは難しいです。

 

もう一点、志望する大学の問題傾向を把握していないことです。

 

大学ごとに問題の傾向が違うので、ただ参考書を解いたところでは正答率は低いはずです。

 

この時期、赤本を買ってはいけないかと思いますよね

 

 

しかし、赤本はこの時期だからこそ買ってください!!

 

 

先ほども書いたように、赤本には志望する大学に関する情報が満載です。

合格最低点、合格体験記がよく記載されています。これを活用することで目標ができ勉強のモチベーションに繋がります。

 

そして、過去問ですが解けなくて当然だという意識で行きましょう!

 

この時期に過去問を解くときは、問題に一喜一憂するのではなく分析していきましょう。

どんな問題が出題されるのか、出題形式は記述か選択か、問題数

 

分析したことは紙に書き出してみましょう。

 

だんだんと大学の傾向が把握できると思います!そこが大事です!

 

傾向が分かれば、その攻略法を見つけましょう!

 

このように、この時期は赤本でとにかく大学を知ることが大切です。

 

 

どんどん赤本は活用していきましょう!

 

 

 

 

サブコンテンツ