PAGE TOP ▲

受験大学ってみんなどう決めるの?

こんにちは!香川に住んでいるのに一か月半ほどうどんを食べていないヤノです。

 

私は国公立医学部志望だったのですが、志望校は

1年生・・・香川大学

2年生~3年生センター試験前・・・神戸大学

センター試験後(出願校)・・・香川大学

という感じでした。

 

現在香川大学医学部に所属していますが、実は神戸大学志望の時期がかなり長かったんです。

 

センター試験後に志望校を元に戻す決断をしたわけですが、

センター試験後から出願までの流れってどんな感じなのか、気になる方もいるのではないでしょうか?

 

というわけで今日は「私の受験大学の決め方」について書かせていただきます!

 

 

そもそもなぜ神戸大学を志望していたかというと…。

2年生になって成績が伸び、香川大学にA判定やB判定がつくようになったためです。

さらに成績を伸ばすためには目標を上げる必要があると考えました。

 

神戸大学医学部に合格するためにはセンター試験で9割の得点が必要だと考えていました。

しかし、私のセンター試験の点数はあと一歩9割に届かず。

浪人したくなかったこともあり、難易度を下げることにしました。

 

出願校を決めるときは、赤本を見て、自分が得意そうな問題を出す大学を探しました

そのうえでやはり香川が良いと思い、香川大学へ前期日程での出願を決めました。

以前の志望校ということもあり思い入れが強く、モチベーションも保つことができました。

 

一方後期日程については、私は小論文が絶望的に苦手だったため、

小論文が試験で課されない宮崎大学を選びました。

宮崎県は祖父母が住んでいて、なじみがあったことも理由の一つです。

 

また、私立大学については、経済的理由から受験するならば理工系の学部でした。

私はどうしても医学部に行きたかったので、一度は国立一本に絞ると決めました。

ですが、担任の先生に、練習だと思って受けてみてはどうかと言われ、早稲田大学を受験することに。

実際の試験を体験出来たこと、そして何より合格したときに大きな心の支えになり、本当に受けて良かったと思いました。

 

長くなりましたが、受験大学を選ぶとき、私は難易度や大学の特色だけでなく、土地の魅力やなじみがあるかなども重視していたように思います。

センター試験後は思っているよりも忙しいです。

今のうちから、出願校についてある程度イメージを持っておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ