PAGE TOP ▲

センター試験:時間との闘い(生物)

もうすぐ自動車学校の試験やら中間試験やら…。

 

 

お勉強強化週間中のヤノです。

 

 

受験生の皆さんと一緒に私も頑張ります(9`・ω・)9

 

 

さて、今日はセンター試験:時間との闘いシリーズ生物編です!

 

センター試験の中で時間が足りない科目といえば国語と数学などが思い浮かびますが…。

 

 

生物も安心してはいけません!

 

 

昨年度のセンター試験で生物が易化しました。

 

 

つまり、今年は昨年からの反動で難化すると予想されます。

 

 

例年センター試験の生物は、

 

 

大問7つのうち5つ必答、2つから1つを選択し、計6つを60分で解きます。

 

 

具体的にどんな時間配分で解くのがおすすめかというと、

 

 

(配点×0.5)分です。

 

 

例年の配点だと

 

 

第1~5問(必答) 各18点 → 各9分

 

 

第6,7問(どちらか一方を選択) 10点 → 5分 

 

 

全体で、100点×0.5=50分で解き終わります。

 

 

この時間配分の考え方は数学などでも役に立ちますよ!

 

 

また、生物で時間が足りなくなる原因として、

 

 

問題文が長く複雑である場合が考えられます。

 

 

何度も問題文を読み返すのは実に非効率的です。

 

 

なので、問題文を読みながら情報を抜き出したり、図に書いてみましょう。

 

 

一目で必要な情報がわかり、スムーズに解き進めることができます。

 

 

センター試験でも実験考察問題は多く出題されるので、

 

 

演習時に図を書く練習をしておくとよいでしょう。

 

 

センター試験まであと38日

 

 

頑張っていきましょー✨

 

 

 

 

武田塾高松校の無料受験相談受付中!

 

 

自学自習の方法から大学受験で合格するための道筋まで、

 

 

何でも何回でも、相談に乗らさせていただきます!

 

 

こちらのリンク

 

 

からご予約お願い致します。

 

 

また、087-873-2622までお電話でご予約下さい。

 

 

受付時間は、平日・土曜日 13:00~22:00 日曜 13:00~19:00

 

 

となります。

 

 

お気軽にご相談ください!

サブコンテンツ