PAGE TOP ▲

全国の受験生に捧ぐ!年末年始の受験勉強法

こんにちは!

 

12月から武田塾高松校に勤めさせていただくサカモトです!

 

初めてのブログということで、まずは簡単な自己紹介から。

 

私は香川県出身で、小・中・高・予備校・大学すべて香川県という生粋の香川県民です! 😎 

趣味は音楽を聴くこと(B’zやスピッツなど)です。

 

私は香川県内の某予備校で一年間の浪人生活を過ごし、2015年に香川大学医学部に合格しました!

そしていまは三年生として様々な病気について勉強しています。

 

 

さて、いま世間は年末に向けて慌ただしくなってきていますね!

 

 

 

ご存知の通り年末年始といえば、某歌合戦だったり、笑ってはいけない某番組だったりと、面白いテレビ番組が目白押しですよね!

 

私も今年の年末は家のテレビの前で座り込むこと確定です!(笑)

 

ですが、受験生にとってこれらはやっかいな落とし穴です。

 

 

 

現役生のころの私は、この落とし穴にまんまとハマり

 

大晦日には歌番組やらお笑い番組やらを見て夜更かしをし、

 

正月には特番を見て大いに楽しみました(笑)

 

 

しかし、年末年始の恐ろしいところはこれだけではありません!

 

 

年末年始を満喫した私は気分もすっかり浮かれてしまい、その後のセンター試験までの大事な期間に追い込みをかけられなくなってしまいました

加えて、年末年始に夜更かしをしていた私は、狂った生活リズムを元に戻しきれず、センター試験本番も頭が働かない状態で臨むことになってしまったのです。

 

このようにして、私の「合格」の二文字はやる気とともに行方不明になってしまったのです 😯  

 

 

 

このように、センター試験直前期でもある年末年始に気を抜いてしまうことは、受験生にとっては致命傷となりかねません。

 

 

そこで、ここでは私が浪人生だったころに実践した、年末年始の勉強法を紹介したいと思います!!

 

 

 

年末年始は家で勉強する人が多いと思いますが、ここでまず大事なのは、

 

テレビやゲーム、スマホなど誘惑のある空間での勉強は避けることです。

 

息抜きに少しぐらいなら大丈夫と思ってテレビをつけたものの、気が付けば何時間も経っていたということもよくあります。

 

誘惑を断ち切る方法は、誘惑を目に入るところに置かないこと。これに尽きると思います。

 

もしそれができないようであれば、家族の監視の目が届きやすいリビングなどで勉強するのもいいかもしれません。

 

 

 

次に、息抜きをするときは時間を決めて必ずそこで区切ること。これもすごく大事です。

 

私の場合は、某歌番組の中の某アーティストの演奏をどうしても見たいと思っていたので、その部分だけを見ることに決めて、それだけを見たら勉強部屋に帰る、というふうにしていました。

 

こうすることによって、番組を見るまではそれをモチベーションに頑張れるし、番組をだらだらと見てしまうこともなくなります。

 

 

 

また、ご存知のとおり年末年始はセンター試験の迫った重要な時期です。

 

センター試験はほとんどの人が午前中から受験すると思います。

 

私のように年末年始につい夜更かしをしてしまい、生活リズムを崩してしまうと、本番で頭が働かない…なんてことになりかねません。

 

そのため、年末年始には試験本番に向けて朝から頭を働かせる練習をすることも大切です。

 

そのための勉強法として、

 

午前中に数学や英語など頭を使う科目の勉強をし、

 

午後には地理や歴史などの暗記系の科目の勉強をする

 

という方法があります。

 

こうすることによって、朝から頭を使う練習ができ、本番でもスムーズに試験に取り組むことができます。

 

さらに、記憶は睡眠時に定着するので、寝る前に暗記ものを勉強することは大変良いことなのです!

 

このように、年末年始は、

 

誘惑を身の回りにおかないこと

 

息抜きは時間を決めてとること

 

朝から頭を使う練習をする

 

ぜひこれらを実践して、年末年始を有意義に過ごしてくださいね。

 

 

 


 

武田塾高松校の無料受験相談受付中!

 

自学自習の方法から大学受験で合格するための道筋まで、

 

何でも何回でも、相談に乗らさせていただきます!

 

こちらのリンク

 

からご予約お願い致します。

 

また、087-873-2622までお電話でご予約下さい。

 

受付時間は、平日・土曜日 13:00~22:00 日曜 13:00~19:00

 

となります。

 

お気軽にご相談ください!

 

サブコンテンツ