PAGE TOP ▲

「模試で最悪の結果が出ました。どうすればいいですか?」

%e6%a8%a1%e8%a9%a6%e7%82%b9%e6%95%b0

こんにちは!

 

タケダスタディスペースのやまびです。

 

10月を過ぎると一気に模試が増えてきますね。

 

「あれだけ勉強したのに、模試になるとできない…」

「模試の後に落ち着いて解いてみると、解けるのに…」

「参考書の正答率は上がっているのに…」

 

最近は無料相談でもこういった悩みが多く寄せられます。

 

そもそもですが、模試の成績は気にすべきものなのでしょうか。

 

結論から言えば、「模試の結果を気にしすぎて(短期的な行動に走って)はいけない」ということです。

 

武田塾では毎年この時期に模試でE判定でも逆転合格する子が何人も出ます。

 

私自身も、最後の模試までE判定でしたが、志望校に合格することができました。

 

では、なぜそのようなことが可能かというと、「入試当日までに、やるべきことを終わらせたから」です。

別に、模試でどんなに悪い判定であろうとも、入試日までに過去問(赤本)が解けるようになっていればいいのです。

むしろ、模試でA判定やB判定といった良い判定が出たとしても、過去問が解けなければ意味がありません。(A判定やB判定でも不合格になる受験生が実は意外に多いのは、過去問対策が足りなかったと言えるでしょう。)

 

模試とはあくまで予備校が作った問題でしかありません。

センター模試ならほとんど本番のセンター試験と同じですが、国立二次や私立一般入試の人は、模試の結果を必要以上に真に受けてはいけません。

特に私立大学の場合、実際の入試問題と模試の問題、また当日の受験者層など、条件が大きく異なります。

模試で一喜一憂する暇があるなら、間違えた問題の復習をしてください。その方がよっぽど建設的です。

 

 

模試は、現時点で基礎をすべて身につけ、それをさらに演習問題で解けるようになっている人だけ、気にしてください。(正直、基礎が終わっていない人は模試の直しをするよりも、今自分が使っている参考書や問題集を先に完璧にした方がいいでしょう)

 

繰り返しになりますが、

「模試で結果が出たから、本番も合格できる」

のではなく、

「過去問で合格点が取れたから、本番も合格できる」

のです。

 

模試の結果に悩んでいる時間がもったいないです。

その時間に単語をコツコツ覚えていく人が、逆転合格できます。

 

何をすればいいか分からない人は、タケダスタディスペースまで無料の相談に来てください!

自習室も無料で使用できます。(時間制限あり)

 

無料受験相談・資料請求はこちら!

 

次回は「模試で結果を出す具体的な方法」について話していこうと思います。

 

 

やまび

 

サブコンテンツ