PAGE TOP ▲

今日の受験相談「英語の成績が上がりません。。」

%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e8%8b%b1%e5%8d%98%e8%aa%9estudy

 

こんにちは!

タケダスタディスペースのやまびです。

 

「英語の成績が上がりません。。」という受験相談はとにかく多いです。

 

しかし、受験生である以上、「英語」という科目から逃げることはできませんよね。

文系でも理系でも、英語が得意であれば、かなり受験を有利に進めることができます。

(理系の場合は数学でも可能ですが、英語の成績が伸びてくるためには多少時間がかかるため、やはり英語を早い段階からできるようにしておいて間違いはありません。もちろん理系もしくは国公立二次試験で数学も使用するなら数学も早期で気を固めを行いましょう!)

 

では、英語の成績を伸ばすためには、どうすれば良いのでしょうか。

 

1 英語はまず、「文法」と「長文」に分けることができます。

難関大学の多くが長文に配点がよっているのは皆さんもご存知だと思いますが、文法問題も多少出題されると思います。

「英文法」は自分のレベルに合わせて、参考書を進めていきましょう。

ここで注意なのが、「自分は難関大志望だから」とか「そこそこの進学校だから」と言って、いきなり高校の内容から始めないことですね。

高校受験を終えてからすぐに高校の内容をしっかり勉強してきた、という人なまだしも、「高校は部活等が忙しくて試験前しかしっかり勉強していない」という多くの生徒は「中学校レベルの基礎」から勉強した方が確実です。

そこでオススメな参考書が、『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編(東進ブックス)』です。

この参考書は、中学の内容からわかりやすく解説されています。

しかし、内容は高校レベルが大半という構成になっていますので、もしこれが分からないという人は他に中学レベルの参考書をからしっかり始めた方がいいですね。(人によって変わってくるので相談してください!)

『大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編』が終わったら、ここで成績が上がるかというと、そういうわけではありません。

そのあと、『ネクステージ(桐原書店)』といった実際の英文法の問題集でインプット&問題演習することで、やっと「英文法」ができるようになります。

多くの人が、成績がアップする手前で挫折してしまうので、注意してくださいね。

(※それでもなかなか英文法ができるようにならない人は、こちらから受験のプロに相談しましょう。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。)

 

 

2 「英語長文」の成績の伸ばし方

英語長文ができれば、受験の半分を制したと言っても過言ではないでしょう。

長文読解はただ単に英語的な知識(英単語・英文法の知識)以外にも、読解力も必要になってきます。

英語長文を通して、「文章読解力」や「設問の解き方」等も学ぶことが可能です。

 

しかし、英語長文ができるようになるためには、「様々な技術」が必要になってきます。

残念ながら明日明後日で英語長文が読めるようにはなりませんが、「これをやれば確実に伸びる」という方法をご紹介していきます。

今まで英語の成績がなかなか伸びなかった人は、しっかり読んで理解し、実行していってくださいね。(実行しなければ成績は絶対にあがりません。)

 

①「長文」ではなく、「一文」から読めるようにする

多くの人が英語長文対策を「英語長文を読むこと」から始めすぎです。

あなたは日本語ができない外国人に、いきなり新聞を読むように進めますか?

その前に、まずは挨拶だったりとか、すぐに使えるプレーズから教えて、まずは「一文」覚えたり、理解することから教え始めるはずです。

にもかからず、英語学習になると、今まで英語の文章をたくさん読んできたかのように、英語長文から勉強を始めてしまう人が多いんですよね。

そうではなくて、まずは「英文一文を確実に読めるようにすること」から始めてみるのはいかがでしょうか。

もし一文をしっかり読むことができれば、英語長文は一文が長くなっただけです。(さらに、文章にストーリーもついて読みやすくもなるのです。)

 

では、一文を確実に読むためには、どうすればいいのでしょうか。

英文(一文)を読むためには、「4つの知識」が必要になってきます。

(1) 英単語

(2) 熟語

(3) 英文法

(4) 英文解釈(構文)

上記4つ以外の知識は、必要ありません。

 

(1)(2) 単語・熟語は、正直覚えるしかありません。(英単語の覚え方が知りたい人は、直接相談に来てください!英単語を覚える方法が確立していないというのは、本当に時間の無駄です。)

 

(3) 英文法は、先ほどお伝えした通りです。

 

(4) 英文解釈 これがいちばん重要です。たまに英語ができる人で「英単語を覚えるのが苦手」という人がいますが、それはこの英文解釈能力(読解力)が高いからです(※要注意※ ここで英単語ができなくても英文は読めると思い込んではいけない。こういうあまり英語を勉強していなくてもできる人は、中学英語の貯金があったり、基本的な語彙力があったり、日本語力が極端に高いといった能力を持っている場合が多いので、英語ができない人はしっかり単語から覚えていくのが王道です)。

 

 

英単語を覚えても、英文法を極めても、この英文解釈を修得しなければ、難関大の英語長文を読み解くことはできません。具体的に言えば、SVOCを振ったり、英語を意味のまとまりとして捉える力だったりします。

 

(※要注意※ ここで英単語ができなくても英文は読めると思い込んではいけない。こういうあまり英語を勉強していなくてもできる人は、中学英語の貯金があったり、基本的な語彙力があったり、日本語力が極端に高いといった能力を持っている場合が多いので英語ができない人は間に受けてはいけない。)

 

オススメの参考書は、以下を参考にしてください。

↓↓↓

【完全保存版】英語でオススメの参考書一覧

↑↑↑

武田塾が10年以上の月日をかけて調べ上げた、至極の一冊が紹介されています。

 

 

いかがでしょうか。

まずは、「一文を読めるようにすること」を意識して、英語を勉強していってください。

 

英語を得意科目にして、ライバルに差をつけろ!!

 

科目別に個別にその人に合わせたカリキュラムを作成してくれるのは武田塾だけ!

 

日曜日も自習室が利用できます♪

 

 

 

タケダスタディスペース

やまび

 

サブコンテンツ