PAGE TOP ▲

今年のセンター試験を解いてみた~生物~

どうも!ヤノです。

 

記録的な寒波で毎日寒いですね⛄

 

最近実家からこんもり雪が積もった写真が送られてきます。

 

さて、今日は「今年のセンター試験を解いてみた生物編」です。

 

 

結果から申し上げますと...現役時代から16点も下がりました( ;∀;)

 

今年は難化したこともありますが、やはりブランクの影響が大きかったとおもいます...。

 

生物は暗記に頼る部分が多いので、直前期の対策が重要だということが分かりますね。

 

全体の感想としては二つです。

 

1.少し細かい知識まで聞かれている

 

知識のみの問題は基本的な事項が多かったですが、実験考察問題の中には細かい知識を要する問題もありました

 

このような問題に対する対策としては、教科書を読みこんでおくことが有効です。

 

私は生物の勉強の基本は教科書であると考えています。

 

生物は知識が第一です。

 

教科書を読むことで基本知識から細かい知識まで網羅することができます。

 

2.実験考察問題の難易度が高めであった

 

今年生物が難化した原因が、この実験考察問題にあるといえると思います。

 

難易度が上がり、量も増加しました。

 

生物は知識問題と実験考察問題の組み合わせです。

 

実験考察問題を効率よく解くためには、

 

・知識が定着していること

 

・与えられた情報を理解・整理できること

 

が大切です。

 

後者は、問題文を読みながら情報を図にまとめるとうまくいきますよ!

 

来年センター試験を受ける人や、二次試験で生物を受験する方の参考になれば幸いです!

——————————————————————————————-

武田塾高松校の無料受験相談受付中!

自学自習の方法から

大学受験で合格するための道筋まで、

何でも何回でも、

相談に乗らさせていただきます!

こちらのリンクからご予約お願い致します。

または、087-873-2622までお電話でご予約下さい。

受付時間は、

平日・土曜日 13:00~22:00 日曜 13:00~19:00です。

お気軽にご相談ください!

 

サブコンテンツ