PAGE TOP ▲

夏休みに入る前の準備 秋ごろに後悔をしないために

こんにちは、タケスタの十川です。

 

もうあと1か月と少しで夏休みですね。

3年生の皆さんはそろそろ焦ってきているかもしれません。

 

夏休みといえば、成績が大幅に伸びる時期です。

ちょうど学校の授業もありませんので、授業中に先生に隠れながら内職をしなくても堂々と自習ができます。

自習の時間ががっつりと確保できるので、夏休みを終わるころには

これまでずっとE判定だった第一志望大学もD、C判定になって合格の現実味を帯びてきます。

 

実際現役生は、部活が終わり始める子も多くいるので、今までと比べてありえないくらい成績を伸ばすチャンスです。

一方で浪人生は、ここで一回気合を入れなおして去年や一昨年に失敗した経験を踏まえて、どうやったらうまく成績を伸ばせるかしっかりと計画を立てたうえで夏を乗り切りましょう。

 

とにかく、夏は成績を伸ばすチャンスということです

 

しかし、夏休みでぐっと成績が伸びている子がいる一方で、成績が伸び悩んでいる子が多くいるのも現実です。

 

そんな子の特徴を大まかに分けると2つに分けられて

・夏休み中勉強をやらずにダラダラしていたり、遊んでいて勉強をする時間が確保できなかった子

・夏休み中ずっと勉強をしていたはずであるのに、なぜか成績が伸び悩んでいる子

 

夏休みを使って爆発的に成績を伸ばすために、今日は多くの人が落ちてしまう落とし穴を紹介していこうと思います。

 

まずは「夏休み最初はやる気だったんだけど、結局思ったより勉強をしなかった」

という悲しいことになってしまう人はどんな落とし穴にはまっている人が多いのでしょうか?

 

新作のゲームを買ってしまって、かなりやりこんでしまった。

結構僕が現役の時や浪人の時に周りがゲームに時間を使ってました。

息抜きをすることは悪くないことだと思います。

むしろ、勉強の合間に何かリラックスできることをするのは悪くないかもしれませんが、はまりすぎるものは自制が利かなくなってしまいます。

実際に僕の周りで、夏休みごろにゲームを買って遊んでいたほとんどの友人は第一志望大学に落ちていました。

他のテレビや映画などの娯楽も同じです。

受験が終わって大学生になればいくらでもできる時間があるので、それまで我慢しましょう。

といっても我慢は難しいと思いますので、娯楽に関係するものは受験が終わるまですべて売ってしまうのがおすすめです。

もしくは、一日にやらなければならない受験のルートに即したノルマをこなしたうえで、悠々と遊びましょう。

 

・特に遊んでいたわけではないのだが、ダラダラと勉強をしていない時間を過ごしてしまった。

家にいると、勉強をするのが嫌なので何もしないままだらだらと時間を過ごしてしまいがちになります。

そんな時は、タケスタの自習室に毎日通うようにしましょう。

最初から最後までは来れなくても構わないので、毎日自分で決めた時間に外で勉強を始める癖をつけましょう。

 

僕の高予備浪人時代も、同じクラスの子はほとんど第一希望大学に受かりませんでした。

春にはみんな

「1年あるんだから、今から勉強をやっていれば第一志望大学余裕だよ」

と言っていたクラスメイト達が

夏、秋を過ぎるころには

「成績が伸びないな、やっぱり俺には神戸大学は無理だったのかな」

などと言いながら志望大学を次々と落とし始めていました。

 

しかし、そんな中でも一部の人は第一志望大学に受かっていました。

同じクラスのK君は神戸大学を志望だったのですが、浪人開始時はE判定かD判定とかでした。

 

しかしK君はいつも朝の挨拶が始まる1時間前ちょうどに教室に来て、自習を行っていました。

K君がその時間に教室に来ていなかったことは見たことがないくらいいつも同じ時間に勉強を始めて同じ時間に帰っていってました。

 

あとK君の周りには何かオーラのようなものが漂っていました。

よく僕は彼の近くで自習をしていたのですが、彼はいつも何かと戦うように勉強をしていました。

周りの人が雑談をしている時でも、いつも自分を追い込んでいました。

いつもピリピリしてた感じです。

彼が受験に対して余裕を持っていたことをあまり見たことが無かったです。

 

しかし、結果として落ちていった多くの人が

受験に対してどこか余裕を持っていた人であったのに対して

 

K君のように、自分を自分で追い込めていた人はほとんど受かっていたように思います。

遊んではいなくても勉強をダラダラとしている人は、かなり最後で苦労をします。

 

塾などにこもってだらだらと8時間くらい勉強をすると、すごく疲れて成績が伸びた気がするのですが

4時間くらいで集中して勉強をして帰っていった子の方が成績が伸びることがよくあります。

 

勉強は、やった時間で成績が伸びるのではなくて

覚えた量によって成績が伸びます。

 

1日の目標は、勉強する時間ではなく覚える量にしましょう

 

 

 

 

つぎに

「夏休み勉強をたくさんしたのだけど、思ったよりも成績の伸びが悪い」

ということにならないために考えていこうと思います。

 

・いろんなことに手を出し過ぎて全部中途半端になってしまった。

夏休みは始まる前はすごく長く感じてしまいます。

しかし、終わってみると夏休みは思ったより長くありません

「英語も数学も国語も世界史も生物も伸ばすはずだったのにどの教科も伸びなかった」

という子が結構出てきます。

 

また、いろいろな塾が短期の夏期講座を開いていますので

すごく魅力的に映って、いろいろなことに手を出しちゃいがちです。

 

本当に全部に手を出しても成績はなかなか伸びませんので

自分でこれだけは絶対に極めるという教科を1つだけ決めてしまいましょう。

選択と集中です。

夏休みに集中して多くの時間を1つの教科に割けば必ず結果は出てきます。

 

自分でこれだけは、夏休み中に本番レベルまで持っていきたい教科を決めましょう。

集中して勉強する教科の決め方は、自分の第一志望校の本番の試験で一番配点が高い教科です。

 

もし、まだ受験する学校が定まっていないのであれば、夏休みに集中して勉強する教科は英語をお勧めします。

英語は、数学、国語と並ぶ比較的配点の高い教科です。

さらに、数学や国語よりも誰でも勉強すれば成績が伸びやすい教科です。

 

夏休み中に、必ず英語だけは得意教科にしておきましょう。

1つでも得意教科があると秋以降の勉強がかなり楽になります。

 

サブコンテンツ